アナルセックスもすごく好きなんで両方の穴から攻められるとほんとに気持ちイイんです…

私が、洋式トイレに入ろうと思ってドアを開けたら、

男の人が目をつぶってセンズリ中でした。

どうやら鍵をかけ忘れてたみたい。

「ヤベ!w」

と思って私は見なかったフリして

カーテンの付いた洗面台に隠れたました。

カーテンの隙間から見てたんですけど、

のぞみのドアって手動じゃなく電動で開くからとっても静音w

電車の騒音もそれなりにあるせいか、

その男の人、気づかないでセンズリに夢中

しかもあのドアって「閉」押さないと

いつまでも閉まらないんだw

もう扉全快でセンズリにふけってる姿丸見えです。

こっちが恥ずかしくなっちゃいました。

のぞみのトイレって車両の連結部分にあるから

何人か人が通ったんですが、

そのセンズリ男は全然気づかないんです。

でも、私が、チラチラ見て鑑賞しているうちに

センズリ男のおチンチンがだんだんおっきくなってきてなんだか

興奮してしまいました。

自分でも大胆な事しちゃったな~、と今でも思うんですが

通路に人がいなくなったのを確認して、

私は洋式トイレの個室に入り込みました。

私が入ったところでその人はやっと気づいたらしく、

すごく驚いた顔で立ち上がってズボンをずり上げようとしてました。

私は、個室に入って扉を閉めてから、

わざとらしくそこで初めて人が入っていたことに気づいたフリをしました。

私「あ、イヤだッ!!」

男の人「あっあっ…あぁぁ!」

「やだー!こんなとこで!信じらんない!!な何してるんですか?!」

「すみまっあの…ごめんなさい!ごめんなさい!!」

「今オナニーしてたでしょ!!」

「あのすみません!!出ますから!」

でも扉のところに私が立っているので

センズリ男は出られません。

私はのぞみのゆれでわざと

男の人に体がぶつかったふりをして、

まっすぐに立ってるおチンチンに下腹部を押し当てました。

「あっ!!ナニコレ?!」

男の人は焦っていたのか、パンツをあげきれていなくて、

直に私の服におチンチンが触れました。

先が濡れていて、少し私の服から粘りの有る

お汁が糸を引きました。

「あっ…ヤダ」

そういいながら、(あくまでも「やめてください!」的な態度で)

私は男の人のおチンチンを握りました。

「あっ…!」

男の人は驚いて腰を引こうとしましたが、私は手を離しません。

「カチカチじゃないですか

いつもこんな場所で、してるんですか…」

そういって手を前後に動かしはじめました。多分牝の顔をしていたと思います。

「ちょっと、やめてください…」

「でも…ほら、どんどんかたくなって気持ちよさそうなんですけど」

「やめて…あぁ…ああ~」

男の人も、ラッキー(と思ったかどうかはわかりませんがw)

とばかりに私に身を委ねてきました。

おチンチンの先からどんどんお汁があふれてきて、

手を動かすごとにくちゅくちゅ音がなりました。

「あぁ…気持ちいい」

そういいながら、ヤレると踏んだのか、

私のスカートの中に手を入れてきました。

正直、私はその人を手でイカせて悪戯しちゃおう、

くらいの気持ちだったのでびっくりしたんですけど、

下着の中はグチョグチョだったので、

反抗する気持ちは起きませんでした。

男の人「あ~…すっごい濡れてるよ…」

私の耳元でささやきました。

「エッチしたかったの?」

「イヤ」

そういいつつも、

私は男の人のなすがままに足を少しずつ開きました。

太い指が私の中に入ってきて、

ゆっくり、ゆっくりピストンしはじめました。

「あっ…あ、んん」

「んん…?どうしたの?」

「もっと…」

そういうと男の人は指をいきなり3本入れてきました。

私「んんんっ…!」

ちょっと痛かったのですが、ゆっくり、

舌で舐めるようにヌルヌルとピストンをするので

すぐに気持ちよくなってしまいました。

「はぁもっと…あっ…太いのほしいです」

「これ…?」

いきなり、熱くて硬いおチンチンを

私のおまんこにすりつけてきました。

バックから、素股の状態で、

ゆっくり腰を押し付けてきます。

すごくヌルヌルの状態だったので、

とにかく気持ちよくてそれだけでイってしまいそう…

でもそこで終わっちゃうのはイヤだったので、

「あっやっ…入れてっ…あっおチンチン入れて…お願いっ」

とおねだりしました。

男の人はそれ以上何もいわず、

いきなり私のおまんこにおチンチンを突き入れてきました。

私「ああっあ…!!」

男の人のアレはすごく熱くて、

おまんこの中が圧迫感でいっぱいになりました…

もういきなりすごいピストンでした。

ドアはガタガタするし、

外に声が聞こえるかも…と思いましたが

むしろその状態に興奮しってしまって、

いっぱい声を出してしまいました。

「スゴっやん…おっきぃいいい…!!」

気づくと私はお尻の穴が丸見えの状態で

お尻を突き出して足を開いていました。

「いぃぃい…!イク!やっだめ!まだ…イキたくない!や!あっ」

「あ~~スゴイ、いい、イイ、閉まる、閉まるよ、あっイイっ」

そういってピストンしながら、

私のお尻の穴に指を入れてきました。

私、実はアナルセックスもすごく好きなんで、

両方の穴から攻められるとほんとに気持ちイイんです…

膣がさらにぎゅっと圧迫されるのを感じました。

私のおまんこのお汁で、

ヌルヌルになった指がお尻の穴に出たり入ったり…

「あっお尻!イイっあっあ~!あ~~!!」

男「すっごいキツ…!あっお尻入れるよ、入れるからね…」

そういうと、ズルっとおチンチンを抜いて、

お尻にさきっちょを押し当てました。

「はっ…あ…っぁうう…!」

さすがに一気に挿入は出来ませんでしたが、

ぐいぐいと少しづつ押し当てて、

ゆっくり私のアナルにおチンチンを突き刺しアナルFUCK

「あぁ~…すぐイク…!!」

「キツい…!あ…抜いて、おねが…ぁっぁあ」

アナルをピストンでかきまわされ、

気持ちよすぎてヘンになってたかも…

私は自分でクリちゃんをいじって、

男の人の指は今度はおまんこに、

もういろんなところからぐちゅぐちゅちゅズチュズチュ音がしました。

「アナルで、アナルでいっちゃう!」

男の人「俺も、イク、イクよイクよ!」

「あっ、あっ、あっああ!!」

二人で声をあげて、イッてしまいました。

お尻の中で、ビクビクっと精子が飛び出しているのを感じました。

この後は二人とも妙に恥ずかしくなってしまって、

何も言わずに分かれたのですが…

今も思い出してオナニーすることあります

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。