ナンパ・ゆきずりでの体験談告白

ナンパ・ゆきずりでの萌える経験や過激なエッチ体験談が告白されています。
街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww
春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。 初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。 ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる
水着でエッチ
家から歩いて2分くらいの場所にプールがあるんだ。 市営プールなんだけど辺りに民家は少なく,センターの管理人も夜8:00頃には帰っちゃう。 毎年7月に入るとプールの大掃除があるんだけど,プールに僕の家が近いということもあって毎年参加している。いつも掃除にくる
ビジネスホテルで
投下するか 主張先乗りで某地方都市に行ったんだ。 地方都市だけあって、駅・駅前のビジネスホテル・コンビニ・スーパー・タクシーの少ないタクシー乗り場とバスくらいしかなかった。 強い雨の日だったので、ビジネスホテルから一歩も出る気がない。 それ以前
帆掛け船の体位でエッチしたらイってしまいました
それは暑い夏のある日。 太平洋が見たくなって南にバイクを走らせた。 順調に目的地の海に着き、道路から階段を下りて砂浜に座って海を見てた。 「やっぱ、太平洋は良いわ。地元の内海と大違いだね。」と思っていると 階段の上でバタンって車のドアが閉まる音がした。
美乳で感度良好ないい女との最高のエッチ
終電で帰ったホームの自販機で水を買って改札に向かう途中のベンチにぐったりとした女の子。 なんだか怪しいおっさんがしきりに「大丈夫?どこまで帰るの?」みたいな事を言ってるので 「あの・・・連れが何か?」とカマかけてみたら「いや、その、あ、大丈夫ね」みたい
ナンパされてエッチから始まった恋愛
今から二年程前の話。 その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいた。 もう、修正のきかない関係とわかっていたのに… パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。 毎日、家に帰
熟女好きでヤリたい盛りの俺は仲居さんと・・
10代の終わりに勤めていた会社の社員旅行での出来事を書きます。 社員旅行とはいっても10数人の小さな会社。 15人乗りのマイクロを借りて交代で運転し、伊豆のとある温泉街へ1泊旅行。 途中バスの中では酒盛り、観光巡りをし夕方宿に着いた。 国内じゃ
クラブで出会ったオンナ好き遊び人専門学生とエッチ体験
私の初キス、初エッチは何と二十歳と遅く、その時私は病院で仕事しながら昼間は学校に通う看護学生でした。 当時、毎週末通ったクラブでSに出会いました。 彼は一つ年下の19で、専門学校生でした。 虫も殺さないような甘いマスクでしたが、二人で話してると、彼と同じ
飲み屋でバイトしている19才女子大生に中出し体験
昨夜、出張先で出会った。 飲み屋でバイトしている19才の大学生に中出しした。 居酒屋で食べて飲んで、その後、偶然入ったショットバー形式の店で可愛い大学生がバイトしていた。 客も少なく会話も弾んだ。 バイト上がっても、一緒に飲んだ。 彼女の酔いも有
泥酔してたお姉系の子を介抱してあげ車の中でフェラを要求したら・・
地元の駅前(東京の東寄りJR)で、かなり泥酔のお姉系の人がうずくまってたんだ。 軽い下心もあり、介抱してあげた。 お茶を買って飲ませたり、背中さすってはかせたり。 大分落ち着いて来たらしくお礼を言われた。 ちょっと、話しをしてたら隣の駅に住んでいるとい
<< 前ページ 最初 … | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | … 最後 次ページ >>