名古屋の錦でキャバ嬢してる生意気なバカ女にキツイお仕置きしたエロ話w

俺は名古屋の錦でリナという名でキャバ嬢やってるバカ女を肉○隷にしてやっている。

リナには双子の妹がいて、

二人とも同じ店で働いていて、

店のナンバー1とナンバー2を争っている。

妹の方はそうでもないが、姉のリナは気が荒く、

客に毒づくことも多いクソアマだ。

しかしそんなヤンキー気質のクソ生意気なキャバ嬢も、

俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボの虜になってしまっている。



M気質のアホな客どもに甘やかされてチヤホヤされて、

女帝気取りになってしまったバカキャバ嬢も、

俺にとっては呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る

都合のいい便所女の一人に過ぎないのだ。

この前もリナと一晩中オマンコしてハメ狂ってやった。

リナが部屋に来るとハメ撮り用のビデオをセットして、

直ぐにブチュブチュとドスケベなディープキスをしてオマンコ開始。
リナにチンボをねぶらせて、

ビンビンにボッキしたチン長22センチのデカマラチンボを見せつけてやった。

それからクンニと手マンで一回いかせて、

薄汚いマン汁をダラダラ垂らしたドドメ色の腐れマンコに

お待ちかねのデカマラチンボをブスッ!とぶち込んでやった。

そんでベッドをギシギシきしませて

「えっさかほいさ、えっさかほいさ」

とマッハピストンして、リナを何べんもいかせてやった。

俺が「チンボって言え!チンボチンボって続けて言え!」

と命令すると、リナは従順に

「チンボチンボ!チンボチンボ!チンボチンボチンボォォォーッ!」

と叫び始めた。

そんでフィニッシュはリナの鼻の穴にめがけて、

ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁をぶっ放してやった。

俺のチンボの汁はドバビスドペーッ!と噴き出して、

白い放物線を描いてリナの鼻の穴にものの見事に直撃した。

そんであっという間にリナの鼻の穴を両方ともチンボの汁で完全にふさいでやった。

後はチンボから手を離して、

膝に手を当てた相撲の四股踏みポーズでチンボを自由にビンビンはねさせながら、

ビソッ!ビソッ!とリナの顔中にくっせえチンボの汁をまき散らせてやった。

俺は鼻の穴を精子で詰まらせてフガフガ言ってる

バカキャバ嬢のアホヅラを見下ろしながら、

「オメーはその程度のカスなんだよ、ボケナスが」と呟いて、

心地良い征服感に酔いしれていた。

それから人気キャバ嬢のアホ丸出しのハナタレヅラの顔の上でウンコ座りして、

ケツを顔にブチャッ!と押し付けて、

俺のケツの穴をベロベロ舐めさせてやった。

そのままチンボがボッキするまでニ十分くらい

クソ穴を舐めさせてから二発目開始。

リナをマングリ返しにして俺のケツの穴とチンボがマンコに

ズボズボ入っているところを見せつけながら、

腰を左右にクネクネ動かしてピストンして何べんもいかせてやった。

リナは涙とよだれと鼻水を垂れ流して、

「ウワァァァーッ!ンワァァァーッ!」

などと叫んでよがり狂っていた。

最後はまたリナの顔の上でウンコ座りして、

口にチンボを突っ込んで「全部飲めよ」と命令して、

喉の奥に精子をぶちまけてやった。

リナは精子を飲みきれずに逆流させて、

鼻の穴から白い汁を「ブフッ!」と噴き出していた。

俺はニヤニヤ笑いながら、

両方の鼻の穴から薄汚いチンボの汁をドロドロ垂らした

生意気キャバ嬢のアホヅラをデジカメで撮影して、

「バカ女が」とののしってやった。

それから四つんばいになってリナにケツの穴を舐めさせながら、

ローションを使ってチンボをしごかせてやった。

40分くらいケツの穴を舐めさせていると猛烈にオマンコしたくなってきたので、

リナを四つんばいにしてバックからドスバスに犯しまくってやった。

そんで30分くらい休み無しでマンコを突きまくって汗だくになって、

リナをさんざん泣きわめかせてから、

またしても鼻の穴に強烈な顔射をかましてバカ女にトドメを刺してやった。

リナはベッドの上で大の字になって薄汚い腐れマンコを晒して、

完全に俺に屈服していた。

俺は仁王立ちになって女帝気取りのバカキャバ嬢の

クソマヌケなハナタレヅラを見下ろしながら、

冷ややかに「メスブタが」と吐き捨ててやった。

それからリナを風呂場に連れて行って、俺の足元でM字開脚をさせて、

大笑いしながら鼻の穴にめがけてショ○ベンをぶっかけてやった。

リナは顔をしかめて鼻と口からション○ンを溢れさせて、

「アガガガガッ!」とものすごいダミ声で呻いていた。

そんで「おまえ程度の女はいくらでもいる。

そのおまえが俺様のようなナイスチンボの持ち主と

オマンコできたことを光栄に思えや、

人間のクズが!社会のゴミが!」と罵って、

鼻からシ○ンベンを垂らしたままの女にチンボをしゃぶらせて、

鼻の穴にチンボをグイグイ押し付けてブタ鼻にしてやったり、

チンボを頬にビダビタ叩きつけてチンボビンタをして、

更なる屈辱を味わせてやった。

こうして俺は自分自身のスーパーデカマラナイスチンボの力で、

見かけ以外は何の取り柄も無いクソバカ女を完全に征服してやったのだった。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。