俺の前でレズキス・・キスしながら俺の方を見る彼女..

それは小5の時のこと。クラスに一人、変わった女の子がいた。
忘れもしない、加納○美ちゃん。
普通、小学生って、パンティの上にブルマを穿くよね。
クラスの殆どがそうだったのに、彼女だけは違った。モロに白パン。
何でわかるかって言うと、掃除当番のときに雑巾がけをするんだが、
そのときに丸見え。まぶしいばかりの純白!
俺は出席番号の関係で、彼女と常に一緒の当番だったが、唖然としてたよ(藁
それだけじゃなく、彼女は事あるごとに俺に話し掛けてくる。
当時、女の子と話すなんてろくに出来なかった俺にだ。
最初は「シャーペン貸して」程度のもんだったが、徐々に過激になっていく。
「なあ、セックスって何か知ってる?」なんて露骨に聞いてきたりもした。
当時の俺に応えられるわけ無いから黙ってると、
「知らんの?女の子のワレメに、男の子のおちんちん入れるねんでー」

ときた。俺、しばし呆然(藁
しかし、彼女との思い出は、それだけでは終わらない。
あの出来事は、あまりにも突然に訪れた…。

その日、授業が終わり、俺はいつものように帰宅しようとした。
そのとき彼女が駆け寄り、俺に話し掛けてきた。
「今日、うちの家であそばへん?」
それだけ言って、彼女は足早に去っていった。
当時、女の子と遊んだ事なんて皆無の俺。戸惑いながらも、俺は
彼女の家へ自転車を走らせた。
家の中に入ると、彼女のほかに、彼女と仲がいい、同じクラスの
Mちゃんもいた。(俺はMちゃんとは殆ど話した事はない)
彼女は俺が家にはいるや否や、俺の腕をつかんで、二階に行きだした。
家には、親はいないようだった。
彼女は、俺を二階の自分の部屋に座らせると、おもむろにこう言い出した。
「なあ、チカンごっこせえへん?」


「は?」俺はしばし、固まっていた。
Mちゃんは、おとなしいコで、横でじっと黙ってるだけ。
彼女の部屋には、おそらく祖父と思われる遺影が飾ってあった。
俺は急に怖くなり、逃げ出そうとした。しかし、彼女は強かった。
「アカン!」俺は強引に連れ戻された…。
しかし何をしていいかわからず、まごまごしてる俺。
するといきなり、彼女はテレビをつけてNHKの体操番組を見始めた。
そしてスカートのまま、体操し始めた。
ちらちらスカートの中から見えるのは、なぜかブルマ。
「なあ、スカートの中、見たい?じゃ、ブルマ脱いだるわ」
勝手にブルマを脱ぎだす彼女。そしてまた体操しだした。
女性が着ているものを「脱ぐ」という行為を初めて目の当たりにし、
徐々に興奮する俺。スカートからは、やはり純白のパンティが…。
心拍数は高まるが、しかし俺は何も出来ず、ただ黙って見ているだけ。
そのうち、何もしてこない俺に剛を煮やしたのか、彼女が言った。
「なあ、もっと見たいんやろ?じゃあ、パンツも脱ぐわ~」

さすがにMちゃんも「アカン、そんなんアカン」と言う。しかし彼女は
そんな言葉は意に介さず、パンティをするするとおろしていく。
そして、スカートをたくし上げたかと思うと、俺の前にゴロンと寝転んだ…。
俺の眼前に広がる、生まれてはじめて見る女の花園。
俺の目は、釘付けになった。
Mちゃんは「見たらアカン」と言うが、見ずに入られなかった。
顔を両手で隠すMちゃん。彼女は、平然としている。
当然小5なので、毛も生えておらず、つるつるだ。
ゴクリとつばを飲み込む俺。
遺影の中の祖父が、その光景を見つめていた…。

俺が興奮しているのが見てとれたのか、彼女は起き上がり、パンティを穿く。
にっこり笑って「な、キスしようや」。俺はうなずく。
「じゃ、10秒な~」そう言って彼女は俺に近寄り、おもむろに唇を合わせる。
もちろん、おれにとってのファーストキスである。
彼女の唇から、暖かみが伝わってくるのがわかる。かすかな吐息を感じる。
10秒たって、唇を離す。しかし、またすぐに「今度は、ソファに座ってやろ~。
今度は15秒な」と言い出す。
ここまで来たら、もう逃げ出そうとは思わない。
段々、20秒、30秒と、長い時間、俺と彼女はキスを交わした。
Mちゃんは、相変わらず、顔を両手で覆っていたが、その指の間から
しっかりとこちらを見ているのがわかった…。


最初はおどおどしてた俺も、次第に余裕が出てきて、彼女の腰に
手を回したり、自分から唇を押し付けたりしていた。
しかし、彼女は俺より一枚も二枚も上手だった。
キスしている途中、いきなりニュルッとした感触が俺を襲う。
それは、彼女の舌だった。
「???????????????」俺は動転した。
彼女のしている行為の意味が、当時の俺には理解できなかった。
しかし、本能的に感じる不思議な心地よさ。
気が付くと、俺も彼女の口の中に舌を差し入れていた。
それを見ていたMちゃんが驚く。「イヤ~。ベロ入れてるー」
そのMちゃんの反応を見て、初めて俺は、この行為が普通のキスよりも
いやらしい行為である事を知った。
(ちなみに今では、俺はディープキス無しでは満足できないほどの
ベロンチョキス大好き人間だが、このときの経験が影響したかどうかは
定かではない 藁)
俺と彼女の舌入れキスを見ていたMちゃんの顔が、段々紅潮し始めていた…。

俺とのキスを存分に楽しんだ彼女は、横で見ているだけの
Mちゃんに、ニヤッとした笑みを浮かべながら言った。
「なぁ、Mちゃんもキスしぃや~」
…部屋に暫く、沈黙が流れる。彼女は悪戯っぽい笑みを浮かべている。
彼女の無言の圧力に観念したのか、Mちゃんは黙ってうなずいた。
Mちゃんとのキス。彼女とは唇の感触が違うのがわかった。
息遣いが荒い。歯を立てて、舌の侵入を防いでいる。
やはりMちゃんは、まだ抵抗があったんだろう。
しかし唇はしっかり密着している。
その光景を、彼女は笑みを浮かべて見つめていた…。


彼女の要求は、さらにエスカレートしていく。
Mちゃんの肩をグイッと抱き寄せ、レズキスまでし始めた。
Mちゃんも、もはや抵抗するそぶりは無い。
唇を重ねながら、俺のほうを見る彼女。
まるで「どう?興奮するやろ」とでも言いたげなその視線。
もはや俺とMちゃんは、彼女に支配されていた。

彼女はブラウスのボタンを外し、寝転んで俺に言った。「触って」。
俺はうなずき、彼女のブラウスをおもむろにはだけた。
ブラはつけておらず、サクランボのような乳首が二つ、俺の目に
飛び込んできた。胸は膨らんでおらず、ペッタンコだった。
俺はその平坦な胸を、本能的にぎゅっ、ぎゅっと揉んでいた。
今度は自分のまたぐらを指差し、「ここにカンチョーして」と言ってきた。
カンチョーなら、クラスの男同士でしょっちゅうしていたが、それを要求
されたのはもちろん初めてだ。「お尻やなくて、ここにやって」と言われた
とおり、俺はパンティーの上から、彼女の股に指を突き刺す。
遠慮がちな俺に彼女は「もっと、もっと。強くやってもええで」と言う。
俺は力を込めて、グリグリと指を何度も何度も押し付ける。
彼女はとろんとした顔で「はぁ~、気持ちえぇわぁ」とため息混じりにこぼす。
俺は、何故こんな行為で気持ちよくなるのかが理解できなかった…。
Mちゃんは、もはや顔も隠さず、じっと俺と彼女を見つめていた…。


ひとしきり「チカンごっこ」を楽しんだ彼女は、
トイレに行くと言って席を外した後、戻ってきたと思いきや、
俺の頬にキスをした。
「ありがとうな」
最後に彼女はそう言って、そして別れた。
家に帰って鏡を見ると、頬には口紅でキスマークが付いていた。

次の日、何事もなかったように学校に行くと、彼女は来ていない。
1時間目、先生がやってきて、児童全員に言った。
「加納が、今日付けで転校しました」
どうやらクラスの誰も知らなかったらしく、皆ざわつく。
彼女の希望で、一切誰にも転校することを明かさなかったらしい。
隣の女の子が泣き出す中で、俺は昨日のキスマークの意味を考えていた…。


あの思い出の日から2週間ぐらいたったある日。
その日も学校が終わり、俺は掃除当番だった。
ゴミを焼却炉に捨て終わり、さあ帰ろうと思ったそのとき。
廊下で一人の女子に呼び止められた。Mちゃんだった。
他の児童は皆、既に帰っており、教室にも廊下にも誰もいない。
なんだろうと思っていると、Mちゃんは恥ずかしそうな顔で言った。
「ウチのここ、触ってほしいねん」
そう言って、Mちゃんは自分の股間を手で押さえた。

「見、見たらアカンで。触るだけやからな」
Mちゃんは、俺の右手を取り、スカートの中へ導いた。
何故そんなことを頼むのか、理解できなかったが、俺はその言葉に従い、
パンティの中へ、指を潜らせた。
なんともいえない感触。と言うか、感触があるのかどうかもわからない。
触っているのか、触っていないのかもわからない不思議な状態だった。
Mちゃんの顔が紅くなり、息遣いもどんどん荒くなっていく。
その顔を見て、俺の指に力が入る。誰かに見られたらと言う気持ちは既に無い。
右手をパンティの中にさらにグイッと押し込む。指をがむしゃらに動かす。
Mちゃんは俺の服をぎゅっと握り、何かを堪えているような表情をしている。
校庭では、野球部の喚声と、金属バットの乾いた音が響き渡っていた…。
時間にして、5~6分といったところだろうか。
Mちゃんは「もうエエよ。ありがとう」とだけ言って、走って帰っていった。
その後、Mちゃんとは小学校卒業まで話す機会は無く、中学校進学と共に、
Mちゃんの姿は消えていた…。

その後、俺は彼女とMちゃんとの思い出を、自分の心の中だけにしまいこんだまま、
十代の日々を過ごした。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。